マスク依存症を克服する方法

マスク依存症を治す為に、必ずしたいこと

マスク依存症は、現代ならではの病気と言ってもいいでしょう。

 

では、マスク依存症を克服するには、どうしたらいいのでしょうか?

 

マスク依存症の可能性がある方は、ちょっとでも、マスクをしない習慣を身につけたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

マスクをする頻度や時間を減らしていく

 

まずは、マスクをする、頻度や時間をを減らす事が必要になります。

 

今までは、外に出る時に、必ずしていたマスクを2回に1回にするなどして、だんだん減らしていく事で、マスクに頼る事が自然と減らしていきます。

 

外に出る時だけじゃなく、家の中に居ても、マスクをしている場合は、家の中だけでも、マスクを外すと随分と変わってくると思います。

 

ありのままの自分を受け入れてみる

 

マスク依存症の人は、自分に完璧を求める傾向があると言われています。

 

その為、自身のコンプレックスを受け入れられなく、マスクに頼ってしまうというところがあると思います。

 

自分の短所が気になっても、「これが自分自身なんだ」と受け入れてみましょう。

 

もしも、メイクで隠せる箇所がコンプレックスの場合は、きちんとメイクをすれば、マスクは要らなくなりますよね。

 

又、自分では、気にしていても、周囲の人は、そこまで、気にしていないという事が殆どです。

 

見方を変えると、魅力的な部分になる事もあると思います。

 

簡単ではないかもしれないですが、ちょっとずつ、自分に、自信を持つようにしていくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

周囲の人に協力を求める

 

又、周囲の人の協力を求めるという方法もあります。

 

マスク依存症の方は、自分に、自信が持てない事が考えられます。

 

周囲の人に、相談したりして、「あなたは、マスクをしない方がいいよ!」と言って貰う事で、自分に自信が持て、マスクをしない事が習慣になってくると思います。

 

同じように、もしも、あなたの周囲に、マスク依存症の人がいたら、あながが言ってあげるのもいいかもしれません。

 

他の人に、自分の心を開いてみる

 

マスクをする事で、外部との接触を避ける事は、自分の殻に閉じこもるという事と同じです。

 

なるべく、外部との接触を拒否してきたという人は、自分から、他の人に心を開いてみるのも1つの方法だと思います。

 

全員に、話しかけなくても、まずは、話しかけ易そうな人に、自分から、話してみるのがいいと思います。

 

その際は、マスクをしない状態で、話しかけてみて下さいね。

 

マスクがなくなる事で、相手との距離を縮める事ができ、相手も話し易くなると思いますよ。

 

その内、色々な人と話せるようになると思います。

 

新しい世界が開いて、マスクが必要でなくなってくると思いますよ(^o^)

 

スポンサーリンク

 

心理療法を使ってみる

 

社会不安障害の治療に効果があると、言われている方法です。

 

社会不安障害になると、嫌な事から、逃げようとします。

 

しかし、敢えて、そのイヤな事を経験する事で、その恐怖を克服しようとする方法です。

 

これを、マスク依存症にも当てはめます。

 

実際に、緊張、不安、恐怖などを感じる状況に、自分から飛びこんでみましょう。

 

例えば、

 

  • 電話や窓口での、クレーム対応をする
  •  

  • 人前で、スピーチをする
  •  

  • 会議で、プレゼンテーションをする
  •  

  • 苦手な人との関わりを持つ
  •  

  • 初対面の人に、自分から話しかけてみる
  •  

  • 知らない人に、道を聞いてみる
  •  

  • 店員に、話しかけるてみる

 

などがあります。

 

スポンサーリンク

 

これらを経験していく事で、他の人との関わりに対する、不安感は少なくなるはずです。

 

目安としては、週に2~3回行うのがいいでしょう。

 

初めは、できなくても、気にする必要はないです。

 

少しずつ、実践していく事で、自分に、自信が持てるようになってきます。

 

この方法のいいところは、「自分でいつでもできる」「自信がつくと、また、自信がなくなる可能性が少なくなる」というところです。

 

マスク依存症じゃなくても、自分自身を変えたい時は、直ぐに実践する事ができますよ。

 

心療内科を頼ってみる

 

色々と努力したけど、どうしても、マスクをするのが止められない場合は、最後の方法として、心療内科で診て貰う方法もあります。

 

マスク依存症は、他の人に、心を開けなかったり、自身の顔にコンプレックスがある為に、起きてしまう心の病です。

 

社会不安障害である可能性も考えられなくないです。

 

今は、マスクをしていて、安心でも、ずっと、マスクをしているわけにもいかないでしょう。

 

どんなに努力をしても、マスクをするのを止められない場合は、ちょっとでも、気持ちが楽になるように、心療内科を診て貰うことも考えてみて下さいね。

 

スポンサーリンク


page top