マスク依存症は病気

マスク依存症は、心の病です。マスクをすることのデメリット。

これまで、マスク依存症の特徴を紹介してきました。

 

それでは、マスク依存症が人間に与える症状には、どういったものがあるのでしょうか?

 

マスク依存症は、大した事がないと思われがちなところもあります。

 

スポンサーリンク

 

しかし、マスクをするのを止めらない症状であり、マスクをしていないと精神的に不安になってしまう、心の病なんです。

 

特に、社会不安障害(社交不安障害)醜形恐怖症の人は、マスクで、顔を隠す率が高くて、マスク依存症になり易いと言われています。

 

そして、マスクをしている事で、相手との間に障壁ができて、人間関係が疎遠になったり、コミュニケーションが上手く取れなくなったり、という事が可能性があります。

 

口が隠れているので、相手から見ると、感情が読みとれなくて、親しみを感じなくなる恐れがあります。

 

人間関係のストレスを感じずに済むという点では、マスクは、便利な方法かもしれません。

 

しかし、人間が生きていくのに、ある程度は、人との関係は必要なものです。

 

そして、いくら面倒くさいと言っても、わたしたちは、根本的には、人間との関係を求めているものです。

 

あと、マスクをしている事の悪い所には、下記のような事があります。

 

スポンサーリンク

 

マスクをしている事のデメリット

 

  • 蒸れることがある
  •  

  • 息苦しくなることがある
  •  

  • マスクに雑菌が繁殖することがある
  •  

  • 鼻水やツバがマスクにつく
  •  

  • 顔に、吹き出ものができ易くなる
  •  

  • 肌荒れの原因になってしまう
  •  

  • ニキビがある人は、悪化する可能性がある
  •  

  • メイクや髪型に、気を配らなくなる
  •  

  • ファンデーションが崩れ易くなる
  •  

  • 話しかけ辛い雰囲気を周囲に与えてしまう
  •  

  • 声がこもり、小さくなる傾向がある
  •  

  • 周囲に存在が気づかれ辛い
  •  

  • 無表情になってしまう

 

もちろん、ウイルスなどから、カラダを守ってくれるというところでは、とても優れています。

 

適度に、使用する事を考えた方がいいと思いまね。

 

このように、そのままにしておくのは、悪い事も多いので、マスク依存症に、当てはまる人は、早目の改善が必要になるでしょう。

 

スポンサーリンク


page top