マスク依存症の心理、原因

マスク依存症の心理、原因を解説

オシャレを目的として、めがねをかける事を伊達めがねと言いますよね。

 

それと同じで、カゼの予防など以外の目的で、マスクをつける事を伊達マスクと言ったりします。

 

伊達マスクが増えている原因って、いったいなぜなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

理由①:顔を隠す為にマスクをする

 

マスクをしている人の中には、「自分の顔に自信が持てない」「顔のコンプレックスを隠したい」という心理があり、顔を隠す為に、マスクをつける人が多いみたいです。

 

女性の中には、素顔に自信がなく、化粧をするのが面倒な時は、顔を隠す為に、マスクをする人がいるようです。

 

「顔を隠したい」という心理は、女性にかなり多いみたいです。

 

女性がマスク依存症になってしまう原因の1つと言ってもいいでしょう。

 

男性だと、ヒゲを剃っていない時に、無精ヒゲを隠す目的で、マスクをする人がいるみたいです。

 

男女ともに共通するのが、「顔に自信がない」という理由で、マスクをしている人がいるようですね。

 

スポンサーリンク

 

理由②:人との関係を避ける為にマスクをする

 

マスクをしている人は、話しかけ辛いですよね^^;

 

接客業の仕事では、マスクをするのを禁止にしているお店もあるようです。

 

「人と話したくない!」「人から、話しかけられたくない!」と、そういう時に、マスクをする人が増えているみたいです。

 

確かに、マスクをしている、店員さんには、話しかけ辛いですよね。

 

理由③:表情を隠す為にマスクをする

 

近頃、ラインやSNSなどの文章のコミュニケーションが多いですよね。

 

SNSだと、相手に自分の顔を見せる事もなく、相手とのコミュニケーションができます。

 

SNSでは、コミュニケーションが上手くできても、対面すると、コミュニケーションできない人が増加しているようですね。

 

マスクをしていると、SNSと同様に、相手に自分の顔を見せる事なく、コミュニケーションができますよね。

 

その他は、防寒対策や口臭が気になるという理由で、マスクをす人が増えているみたいです。

 

スポンサーリンク


page top