マスク依存症を克服した女性

マスク依存症を克服できました!

マスク依存症の女子校生の相談に、マスク依存症を克服した女性の方が回答しています。

 

Q:わたしは、マスク依存症の高校生の女です。

 

わたしは、年中、常にマスクをしたまま生活をしています。

 

スポンサーリンク

 

家では、さすがに外せますが、マスクがないと、人と顔を見て話ができません。

 

中学生の時に、クラスの男の子に、顔の事をからかわれた記憶が、頭から離れないです。

 

マスクをしていると、普通に会話ができますが、周りから見ると、やっぱり、可笑しいと思われている事も分かっています。

 

マスクをしていても、色々と、言われる事が苦しくて、居心地が悪かったりします。

 

そして、マスクをしているという事が、問題視みたいに捉えられる事も、分かってきました。

 

マスク依存を克服する方法はないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

A:わたしも、昔、マスク依存症でした。

 

今は、大学に通っています。

 

中2の時に、男の子から、顔の事を言われて、ショックを受け、マスクを常にするようになりました。

 

マスクをしていて、困ったことは、たくさんありました。

 

例えば、仲がい友達でも、マスクをしていない素顔を見せるのが恥ずかしいです。

 

お弁当を食べる時も、マスクを外せなくて、わたしだけ、食べなかったこともありましたね^^;

 

わたしの中学は合唱会があり、マスクを外さないといけなくて、イヤイヤ外したこともありました。

 

わたしの性格は、どっちかと言うと、明るく活発な性格です。

 

そのおかげで、マスクを常にしていても、仲良くしてくれる友達が沢山いました。

 

しかし、マスクをしているせいで、恋愛は、うまくいかなかったですね。

 

中3の時に、好きになった男の子に、告白する事ができなかったのは、今でも、後悔しています。

 

高校生に上がって、マスクするのを止めようと、思いましたが、そんなに、簡単にマスクを外せなかったです。

 

周りから、「なんでマスクをているの?」と言われる事が多かったですね。

 

それは、わたしにとって、凄く傷つく事でした。

 

自分でも、常にマスクをしてる事を可笑しい事だと分かっていたからなんです。

 

そんな、わたしでも、高校で親友ができたんです。

 

同じ部活に所属していて私の高校時代をほとんど一緒に過ごした相手でした。

 

その子は、マスクをしている事には、触れないで、常に仲良くしてくれました。

 

高2になったぐらいから、自分の気持ちにちょっとずつ、変化が出てきました。

 

自分もお洒落になりたい!変わりたい!と思うようになったんです。

 

でも、簡単に、マスク依存症を克服する事はできず、親友に、相談したこともありました。

 

マスクをしていれば、ありのままの自分の顔が人から見えないので、とても、気持ちが楽でした。

 

ただ、そのマスクをしていることが自分の事を苦しめているのが分かってきました。

 

スポンサーリンク

高3年の時に、わたしは、親友を事故で、亡くしたんです。

 

その時に、自分の心が、どういうわけか、一変しました。

 

「いつ死ぬかも知れない人生を、今、楽しまないのは勿体ない!」

 

「ずっと、マスクをして、周囲の目を気にして、いるつもりなの?」

 

「自分自身が変わらないと、何も変わらないじゃない!」

 

と思って、マスクを外すようになったんです。

 

結構、あっさりとマスクを外せたので、自分でもびっくりしましたね。

 

マスクを外せたので、物凄く、気持ちが晴れ晴れしたのを覚えていますね。

 

そして、マスクをしないで、学校に行きました。

 

物凄く緊張して、ずっと顔が強張り、クラスの人と、目が合わせられなかったんです。

 

ある男の子に、「あれ?お前何か変わった?」、「外して、正解だと思うよ。」って言われました。

 

元々、顔が美人ではなく、そのままの素顔ではよくないので、メイクをしていました。

 

マスクをしていた時は、メイクもできなかったけど、マスクを外してからは、メイクができるようになったので、メイクをするのが楽しくて、しょうがいないですね!

 

スポンサーリンク

 

マスクを外せるようになってからは、人生がパッと明るくなった気がしますね。

 

わたしの人生のうち、大事な青春時代をマスクをする事でムダにしてしまった事を、とても後悔していますね。

 

前述した、中学の時に好きになった人が高校になってもまだ、好きだったんです。

 

ある日、偶然、会った時に、「お前変わったな!」とと言われて、マスクを外せて、心から、良かったと思いました。

 

今でも、その人に、片思いをしていますが、もっと綺麗になって、自分に振り向かせたいですね。

 

きっと、あなたもマスクをしている時は、自信もなく、周囲を怖がるだけだと思います。

 

マスクを外している、自分を想像するのは、簡単ではないと思います。

 

でも、マスクをしない人生は、本当に、輝いて見えると思いますよ!

 

自分に自信が付き、お洒落ももっと楽しめたりして、本当に人生が変わったんです。

 

今になって思ったのは、コンプレックスは、隠すモノではなくて、生かして、好きになることが大事だと思います。

 

わたしも自分のコンプレックスを今でも、好きにはなれないです。

 

でも、もう、マスクで顔を隠そうとは、思わないです。

 

これが、マスク依存症だった私がマスクを外せるようになった経緯です。

 

あなたがマスクを外せる日が来る事を願っています(^o^)

 

スポンサーリンク


page top