だてマスク依存症の女子校生

マスク依存症の高校生の女の子。自分の顔がイヤでしょうがない!

だてマスク依存症の高校生の女の子からの相談です。

 

この女の子は、自分の顔が嫌いで、マスクに依存するようになったみたいですね。

 

Q:わたしは、自分の顔、笑顔も嫌いです。

 

スポンサーリンク

 

わたしは、だてマスク依存症の高校2年の女です。

 

わたしの顔は、口角が下がっています。

 

写真を撮られた時は、物凄くイヤです。

 

口角が上がる方法はないかと調べてみました。

 

そうすると、顔の筋肉を鍛えるとありました。

 

わたしは、変顔が凄く得意で、笑った時は、頬が固くなるほど、筋肉があります。

 

それでも、まだまだ、顔の筋肉を鍛えていった方がいいのでしょうか?

 

反対に、笑った時は、頬の筋肉が盛り上がってしまい、ほうれい線みたいな線が入ってしまうんです。

 

笑っても、普通にしてても自分の顔がイヤなので、学校では、いつもマスクをしている状態です。

 

口角を上げるには、どうやったらいいですか?

 

やっぱり、筋肉を鍛えていく方がいいのでしょうか?

 

どなかたいいアドバイスをして頂ける方は、いませんか?

 

よろしくお願います。

 

スポンサーリンク

 

A:顔の事は、自分で気にしていても、周囲の人は、あまり気にしてないと思います。

 

マスクは、風邪やインフルエンザの予防にはいいと思います。

 

ただ、顔を隠す為にするのは、完全なマスク依存症だと思います。

 

わたしの職場では、年配の素敵な女性や雰囲気が美人な人が多いですよ。

 

あなたは高校生なので、まだ、化粧をしたりするのは、校則とかで出来ないかもしれないですけど、まずは、自分の個性を好きになるようにするのがいいと思いますよ。

 

こう言っている、昔のわたしも自分の顔が嫌いでしたけどね(笑)

 

ただ言えるのは、顔やスタイルは、色々と誤魔化す事が出来ると思いますよ。

 

自分が好きな芸能人やスタイルのいい人を見本にして、参考にしてみるのもいいと思います。

 

マスクをずっとしていると、肌荒れの原因になるみたいなので、徐々に外していく努力をしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク


page top