マスクを夏でもしている高校生

マスクを夏でもしている高校生。醜形恐怖症の女の子。

マスクに依存してしまったいる高校生の女の子からの相談です。

 

この女の子は、自分の顔にコンプレックスがあるみたいで、醜形恐怖症でもあるみたいですね。

 

Q:マスクが外せない事について質問があります。

 

スポンサーリンク

 

夏でもマスクしている人を見たことはありますか?

 

見た人に質問があります。

 

そういう人の事をどう思いますか?

 

変な人だなあという意見でも、大丈夫です。

 

わたしは、春から冬の間、ずっと、マスクをしているんです。

 

マスクをしない人や風邪の予防などの為だけに、マスクをする人からすれば、信じられないことかもしれませんが、何時もマスクをしています。

 

でも、どうしても、顔をマスクで隠したくなってしまいます。

 

もちろん、鼻炎や花粉症のために、マスクをするという事もあります。

 

でも、マスクを常にしている1番の目的は、自分の顔に自信がないからなんです。

 

色々と自分なりに調べてみたところ、やっぱり、マスクをしてる人が多く、マスク依存症というのを知りました。

 

わたしと同様な人がたくさんいると分かって、ちょっと、安心してしまいました。

 

マスク依存症と似たようなものとして、醜形恐怖症、社会不安障害も知りました。

 

醜形恐怖症というのが、わたしに、最も当てはまっていて、このままじゃいけないと思っていますが、自分で、どうしたらいいのか分からずに、質問をさせて頂きました。

 

同じように、マスクをしている方やマスク依存を克服した方がいましたら、アドバイスを頂けないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

A:ちょっと、普通ではない感じがしますね^^;

 

帽子を被り、その上、マスクを何時もしている人もいますよね。

 

顔の大半が隠れている状態です。

 

不審者にも見えなくないと思いますね。

 

この前、ある本を読んでいたら、健康な人の条件に、「自分の経験に対して、心が開かれている事」が挙げられていました。

 

マスクを常にしている人は、自身の経験に対して、自分を閉ざしていると思いますよ。

 

徐々にマスクを外す時間を作っていき、慣らしていく、他ないと思います。

 

スポンサーリンク


page top