対人恐怖症とマスク依存症の女子校生

対人恐怖症とマスク依存症に悩む女子校生

対人恐怖症とマスク依存症に悩む女子校生から相談です。

 

この女の子は、過去の人間関係のトラウマで、対人恐怖症になってしまったみたいですね。

 

Q:対人恐怖症は、今後、治していかないと駄目ですよね?

 

スポンサーリンク

 

わたしは、子供の頃の家庭や友達関係のトラウマで、人間が嫌いになってしまいました。

 

なるべく、人に関わりたくないと思い、対人恐怖症になってしまいました。

 

カウンセラーの先生から、「ひどい対人恐怖症になっている」と指摘されました。

 

そして、対人恐怖症だけじゃなくて、マスク依存症にもなり、だんだん、周囲の人間は、いなくなりました。

 

高校に上がってからは、1人ぼっちになりましたが、あまり辛くなく、気持ちが楽になったんです。

 

しかし、近頃は、今後のため、親のためにも、自立して、家庭を築きたいです。

 

恋愛や友情などの感情をちょっとずつ理解していかなといけないと感じています。

 

そうでないと、わたしの人間性は、このまま、死んでしまうのではと危機感を持っています。

 

孤独や寂しいという感情は、わたしにはないですが、人間嫌いなことや感情的なものが全くないのは、治した方がいいと思っています。

 

対人恐怖症を治す為に、いい方法などのアドバイスを頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

A:近頃のマスクの着用率は高いと思います。

 

それも、マスクも目の直ぐ下から、顎までが全部、隠れるようなマスクが目立ちます。

 

女性で髪の長い人は、目の所しか見えず、顔が殆ど見えないです。

 

場合によっては、どう考えても怪しい感じです^^;

 

マスクをしている理由として、「喉が弱いので」とか、「風邪を予防する為」とか言えば、通用はしますよね。

 

ただ、いずれ、世間から、マナー的に良くないという批判が起きると思っています。

 

マスク依存症は、周りから人が離れていく、大きな原因だと思います。

 

親しくない人もそうですが、前から、親しい人たちもだんだん、離れていくでしょう。

 

わたしの会社でも、前から、1日中、ずっと、マスクをしている人がいます。

 

近頃は、会社の人は、仕事上の必要な事しか、その人に、話さなくなってますね。

 

昼食も、殆ど、誘わなくなっています。

 

病気じゃないのに、マスクを常にしている人は、周りから見ると、人との会話や接触を拒絶しているように見えるは、しょうがいないと思います。

 

あなたは、マスク依存症と対人恐怖症は、良くない事だと自覚しているみたいなので、生活面での、デメリットの事をよく考えて、徐々に、マスクを外していく努力をしていくのがいいと思いますよ。

 

スポンサーリンク


page top