マスク依存症とトラウマ

マスク依存症の中学生。母親からの言葉に傷ついた女の子。

マスク依存症で悩んでいる中学生の女の子からの相談です。

 

この女の子あ、カゼを引いたのをきっかけにマスクに依存してしまうようになったみたいですね。

 

Q:マスクに依存していまっています。

 

スポンサーリンク

 

きっかけは、中学2年生の時、カゼを引いて、マスクをした事です。

 

元々、顔に、コンプレックスがありました。

 

マスクをしたことで、安心感を感じてしまい、マスクを外す事ができなくなりました。

 

マスクを外すのは、家に居る時だけで、給食は、。一口食べる毎に、着けたり、外したりしています。

 

最近は、家でも、マスクしたくなっていまいます。

 

今でもそうですが、母親に、「あんたって、不細工だなあ」と言われて、それが、トラウマになってしまいました。

 

友達は、「可愛いね。」とか、お世辞を言ってくれるので、安心しました。

 

でも、それより、マスクをした方が安心するんです。

 

今現在は、中学3年です。

 

今は、花粉症という事で、マスクをしていると言っていますが、夏になると、蒸し暑くなります。

 

プールや体育祭などがあって、マスクが外さないといけない状況になるでしょう。

 

わたしは、いったい、どうしたらいいんでしょうか?

 

マスクを外しても、大丈夫なように、なりたいんです。

 

スポンサーリンク

 

A:わたしは、高校生で、1年中、マスクをして、学校に行っています。

 

自転車で、1時間、走って、汗だくになっても、汗を拭いて、学校に行っています。

 

でも、夏は、マスクは、厳しいですよね^^;

 

出来るか分からないけど、夏だけは、マスクを外そうと思っています。

 

自分からすると、急に、マスクを外すとイヤだし、周囲から、変な目で、見られると思っています。

 

でも、周囲の人は、そこまで、気にしていないものと思っています。

 

友達がみんな、わたしにそう言ってました。

 

マスクを外すしかない時は外して、それ以外は、マスクをすと考えていれば、いいと思いますよ(^o^)

 

A:心の持ちようだと思います。

 

母親から、言われた事のトラウマは、キッパリと断ち切った方がいいと思いますよ。

 

悩んでいる時間は、時間のムダだし、ネガティブに生きていく事が、人生のマイナスでしかないと思います。

 

スポンサーリンク


page top