マスク依存症のブスと言われた中学生

マスク依存症のブスと言われてしまった女子中学生

マスク依存症の中学生の女の子からの相談です。

 

この女の子は、自分の顔をからかわれて以来、マスクを手放せなくなったみたいですね。

 

Q:わたしは、中学の1年の時から、マスクをずっとしています。

 

スポンサーリンク

 

理由は、仲がいい友達から、わたしの居ないところで、ブスとか顔をバカにされたからです。

 

コンプレックスな所を言われ、自分の顔が嫌いになってしまいました。

 

以前は、そんなに、意識してなかったですが、その日を境に、人に顔を見られるのがイヤになり、マスクをつけるようになりました。

 

近頃は、マスクをしてないと、気持ちが落ち着かなくて、給食の時もマスク外すなら、食べなくてもかまわないと思ってしまいます。

 

以前は、みんなとワイワイ喋りながら、給食を食べるのが楽しかったです。

 

今は、ただの苦痛の時間になってしまいました。

 

このことを親に相談してみたら、マスク依存症なんじゃないの?と言われたしまいました。

 

誰も、わたしの顔をジロジロ見ないから、大丈夫だよ。と言われても、イヤなんです。

 

マスク依存症を克服する方法って、ありますか?

 

スポンサーリンク

 

A:マスクを外した時の自分の顔をおもきって、出して見ては、どうですか?

 

初めは、簡単じゃないかもしれないです。

 

イヤだと感じるかもしれないです。

 

でも、やらないよりは、やってみるのがいいと思いますよ。

 

どうですか?挑戦をしてみないですか?

 

Q:回答した頂いて、ありがとうございます。

 

やっぱり、1度、マスクを外してみるしかないですよね。

 

マスクを外すのは、正直、怖いけど、確かに、やらないよりは、やってみるのがいいですよね。

 

決心できたら、挑戦してみようと思います!

 

アドバイス、本当に、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


page top