マスク依存症を克服する方法

マスク依存症を克服する方法を解説します!

近頃、季節に関係なく、街で、マスクをしている人を、見かける機会が多いように思います。

 

カゼやインフルエンザが流行している時期なら分かるんですが、そうじゃない時でも、マクスをしている人を見かける事があります。

 

このマスクをしている人たちは、若い女性をメインに増えてきているようです。

 

外国から日本に来た人は、マスクをしている人が多いので、びっくりしているとも聞きます。

 

スポンサーリンク

 

ただ、このいつもマスクをしている状態の人は、マスク依存症の可能性があるんです。

 

自分自身では、気づいてなくても、知らない間にマスクをする事が止められなくなっていたら、それは、マスク依存症なのかもしれないです。

 

このサイトでは、そういったマスク依存症について、解説していきたいと思います。

 

なぜ、マスクをする人が増えたのか?

 

それでは、なぜ、マスクをする増えたんでしょうか?

 

昔は、マスクと言えば、カゼ、インフルエンザ、花粉症の時期だけに、使う事が多かったんです。

 

でも、今では、そういう理由とは無関係に、伊達マスクをしている人が多いです。

 

スポンサーリンク

 

伊達マスクをした事がある方は、全体で、15%ぐらいと言われていて、それほど、高くはないです。

 

しかし、若年層に限り、高い割合を占めています。

 

中でも、20代以下の女性にいたっては、40%の方が伊達マスクの経験があるみたいです。

 

そして、伊達マスクをする人が増えた理由として、2002年ぐらいに流行した、SARSの影響が関係しているのじゃないかとも言われています。

 

当時は、SARSの拡大が心配されて、積極的に、マスクをする人が増えたんです。

 

お店でも、マスクが売り切れになるほどでした。

 

この時期から、いつも、マスクをする人が増えてきたと言われています。

 

伊達マスクをする人が増えた理由の1つとしては、ウイルスの流行があったんです。

 

スポンサーリンク


page top